メインイメージ画像

教習所も学校と同じように時間割があるということ

大学生が教習所を探す際に知っておかねばならないことは、教習所も学校と同じように時間割があるということです。この日の何時からこの学科の受講ができるということが決まっていて、受けられる時に、受講することになるため、時間を空ける必要があると言えます。さらに、技能教習は予約しておこないますので、自分の都合で合わすことはできますが、乗車できる定員は決まっているため、乗りたくても乗れない日があることを理解し予約することは必要だと言えます。

一昔前まではAT車限定よりもMT車の自動車免許を取得する人が多い時もありましたが、近頃は、MT車に乗る機会もあまりありませんので、AT車限定の自動車免許を取る方のほうが多いそうです。

職場で使っている車や購入希望の車、家族の車などがMT車じゃないなら、免許証はAT車限定でも、不便はないでしょう。また、教習所に通う際のお金もMT車の自動車免許に比べてAT車限定の自動車免許のほうが若干、安く済むので、後々、MT車に乗るつもりがなければ、AT車限定が良いと思います。

ここ最近、教習所で使っている車種として4ドアのセダンタイプが多いそうです。技能試験や検定に使用する車種は法律で乗車定員5人以上の普通自動車で長さや幅なども決まっているのです。

最近は5ナンバーの車が使われている教習所が多いそうですが、教習所によって、3ナンバーの車を使用している教習所も中にはあります。その他に、近隣で、高速道路がない教習所などでは、ドライビングシミュレーターが設置しており、それを使用して、高速教習をおこなう教習所もあります。